2008年05月06日

佐藤琢磨がシートを失った。

また佐藤琢磨がシートを失った。

代表が記者会見で撤退の発表をしてしまった。

スーパーアグリの誕生は.....
ホンダからバトンが移籍するというので、バリチェロと琢磨でのぞもうと思ったところ、バトンが移籍をしなくなった。

佐藤琢磨のシートを奪うとホンダのイメージが極端に悪くなるのをおそれて、緊急的にホンダ主導で作ったのがスーパーアグリ。

シャーシもエンジンも全てホンダから供給するつもりだった。

さすがにシャーシの使用は認められ無くって、数年落ちのマシンでのスタートとなった。

今回も、スポンサーが現れたのだが、その資金力の少なさからホンダのOKを貰えなかった。

すでに100億円を超えると言われるスーパーアグリへのホンダからの資金援助。
これ以上増やすわけにはいかなかったのだろう。

ホンダ自身の成績もパッとしないので、よそにかまっている暇もないのだろう。

琢磨をホンダのテストドライバーにすぐさま迎えて、今年で契約の切れるバリチェロに変わって、来期から琢磨にシートを与えて欲しい。

中島がトヨタエンジンで走っているのだから、ホンダも日本人ドライバーが欲しいはずだし、来年は鈴鹿の日本GP。

琢磨が似合うはず。

今期に関しては、出たところで抜かれるために走るようなモノだからあきらめましょう。

来季に期待したい
posted by がまさん at 21:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

かなりヤバイ......!

スペインGPが開幕しますが、スーパーアグリの状況はかなりヤバイみたいです。
一応機材はスペインに到着したらしいのですが、提携予定だったマグマグループに資金提供予定だったアラブのオイルマネーが、サッカーに向かうことになってキャンセル。

ホンダが支援するとか、FOMのエクレストン氏が私財を投じるとか色んな噂があるようですが、どれも噂の域を出ていない。

問題なのは、出走出来ないと巨額の違約金を取られると言うところ。
出るのにもお金がないのに、違約金など払える訳もなく......どうしたらよいのでしょう。

相当に厳しい状況です。

まあ、現状でマシンが走ったにしても戦闘能力はない訳で、琢磨に声援を送るのもなんだか力が入りません。

中島Jr.に声援を送りますか。

来季の琢磨ホンダに乗るを祈りながら.....。
posted by がまさん at 11:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

ナイトレースの理由

シンガポールGPはナイトレースになる。
なかなか刺激的で楽しみなのは確かだが、アジアのGPが全てナイトレースになる危険性も。

マレーシアGPなどは、ナイトレースでなければ継続がない共いわれている模様。

何のことはない、ヨーロッパの起きている時間に走らせろということらしい。

日本GPもそうなる可能性は否定出来ない。

日本のファンは眠い目を擦りながらヨーロッパラウンドを見ているというのに。

F−1はヨーロッパ人のスポーツだと思い知らされます。
posted by がまさん at 12:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

今週はバーレーンGP開幕

3月は忙しくって、ブログも疎遠になっていました。

忘れるといけないので、結果を記しておくことに。
第1戦 オーストラリアGP

1 L.ハミルトン McLaren Mercedes
2 N.ハイドフェルド BMW
3 N.ロズベルグ Williams Toyota
4 F.アロンソ Renault
5 H.コバライネン McLaren Mercedes
6 中嶋 一貴 Williams Toyota
7 S.ボーデ Toro Rosso Ferrari
8 K.ライコネン Ferrari
9 R.クビサ BMW
T.グロック Toyota
佐藤 琢磨 Super Aguri Honda
N.アンジェロ・ピケ Renault
F.マッサ Ferrari
D.クルサード Red Bull Renault
J.トゥルーリ Toyota
A.スーティル Force India Ferrai
M.ウェバー Red Bull Renault
J.バトン Honda
A.デビッドソン Super Aguri Honda
S.ベッテル Toro Rosso Ferrari
G.フィジケーラ Force India Ferrai
DQ R.バリチェッロ Honda
9台完走のサバイバルレース。
中嶋一貴の初入賞が良かった。

第2戦 マレーシアGP

1 K.ライコネン Ferrari
2 R.クビサ BMW
3 H.コバライネン McLaren Mercedes
4 J.トゥルーリ Toyota
5 L.ハミルトン McLaren Mercedes
6 N.ハイドフェルド BMW
7 M.ウェバー Red Bull Renault
8 F.アロンソ Renault
9 D.クルサード Red Bull Renault
10 J.バトン Honda
11 N.アンジェロ・ピケ Renault
12 G.フィジケーラ Force India Ferrai
13 R.バリチェッロ Honda
14 N.ロズベルグ Williams Toyota
15 A.デビッドソン Super Aguri Honda
16 佐藤 琢磨 Super Aguri Honda
17 中嶋 一貴 Williams Toyota
S.ベッテル Toro Rosso Ferrari
F.マッサ Ferrari
A.スーティル Force India Ferrai
T.グロック Toyota
S.ボーデ Toro Rosso Ferrari
上位陣はかなりの混戦。
こうでなくっちゃね。
トヨタも4位と気を吐いたし、何よりスーパーアグリの2台が完走出来たのが嬉しい。
ホンダも徐々に良くなっている気配も感じられ、今後に期待出来そう。

マレーシアから中一週あったので、勢力地図がまた動きそうですね。
スーパーアグリのニュースが流れてこないのがちょっと気になります。
新しいパートナーのMagmaと最終契約は完了していないと聞いています。
早く、すっきりした形で走られることを期待したいと思います。
posted by がまさん at 09:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

ホンダのサポートも決定か

心配されたスーパーアグリだが、イギリスのマグマとの提携が決まった。
でも、詳細は不明。

しかし、ホンダエンジンの搭載も決定したし、琢磨・デビッドソンのドライバーラインナップも決定。
完全に安心は出来ないが、提携の発表もされたことで、今シーズンの全レース参戦は何とかなりそう。
日本人ドライバーが2人も出るF1GPは、見逃せませんね。

スケジュールは以下の通り
金曜日セッション 現地時間    日本時間
フリー走行1回目 10:00 - 11:30 08:00 - 09:30
フリー走行2回目 14:00 - 15:30 12:00 - 13:30

土曜日セッション 現地時間    日本時間
フリー走行3回目 11:00 - 12:00 09:00 - 10:00
公式予選     14:00 - 15:00 12:00 - 13:00

日曜日セッション 現地時間      日本時間
決勝レース    15:30 - 13:30 - 16:00 - 17:45
周回数 58周 307.574km 1周5.303km
posted by がまさん at 12:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

琢磨開幕戦は大丈夫!

オーストラリアGPの開幕週にスーパーアグリのマシンが、メルボルンに到着した。
何とかグリッドに付くことは出来る見込み。

ただし、テストもやっていないマシンでいきなり本番だから、フリー走行や予選でマシンが壊れたらやばそう。

お金がないから予備のマシンがあるのかどうか不安です。

ドライバーとの契約も暫定らしいし.......
開幕戦のグリッドに着かなければ、巨額の違約金が課せられるのを回避するだけなのかもしれない。

いずれにしても、まともなスピードが出るとは思われない。

何とか女神がほほえんでくれるのを祈るしかなさそう。
posted by がまさん at 10:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

中嶋一貴は本当に速い

バルセロナのテストが始まった。
レース前の最後の合同テスト。

久しぶり参加のシューマッハはライコネンに続いて3位のタイム。
ハミルトンがTOPタイムをたたき出した。

何と4番手に続いたのがウィリアムズの中嶋一貴。
13番手までが1秒以内の混戦だったが、その4番手にいること自体が早さの証明では無かろうか。

レースになればコースを走るだけでなく、ピットインやスタートなど、そしてバトルとテストのタイムとは違う要素が大きく占めては来ると思うが、基本的に速さを持っていないと他が良くてもダメ。

他は経験で積み重ねていけるモノだから、中嶋一貴に期待は大きい。

ところで、そのウィリアムズにエンジンを供給している本家のトヨタだが、一貴に1秒近く遅れている。
本家より良いエンジンを供給しているなら別だが、シャーシやボディーが悪すぎると言うことになってくる。
かなり厳しいよね。

さらに、ホンダは1秒近く遅いのだから、もうお話にならない。
今年もこの調子なら、来年は撤退を賭けて戦うしか無くなりそう。

こんな状態だから、とてもスーパーアグリの面倒など見ている暇はない。
もちろん、想定通りスーパーアグリはテストに参加していない。

オーストラリアGPまで、3週間を切ってしまった。
何のアナウンスも出来ないと言うことは、何も進んでいないと言うこと。

身売りしようにも、身売りすればエンジンの供給は期待出来ない。
エンジンのないマシンを誰も買う訳がない。

どこでボタンを掛け違えてしまったのだろう。

本当に琢磨は不運な男だ。
来季は、バリチェロの代わりにホンダがシートを提供して欲しい。

琢磨を走らせてくれ〜〜〜〜〜っ!
posted by がまさん at 15:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

喜びと悲しみ

バルセロナテストで、中嶋一貴がTOPタイムを出した。
雨にたたられたバルセロナテストだったが、最終日は天候に恵まれた。
完全ドライになった午後には、10台のマシンが1秒以内にひしめくバトルとなったが、何とTOPタイムが中嶋一貴だった。

テストとはいえ十分な戦闘力を示してくれたと思う。

こんな嬉しいニュースの陰で、我がスーパーアグリは崖っぷちにたたされているようです。
2008年のホンダモータースポーツ活動計画から、スーパーアグリの名前が消えてしまった。
エンジン供給もはっきりしなくなってしまったと言うことか。
新車発表も消えてしまったまま。

琢磨のシートはまた無くなってしまうのか........
posted by がまさん at 12:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

ホンダの新型マシン RA108

先日のテスト走行では真っ白だったボディーに、日本のアイデンティティーの白と赤に、Googleのアースカラーといういでたちで登場。

かなり見やすくなりましたね。


YouTubeに画像があったので、貼り付けます。

見た目も速そうじゃないですか。
昨年とは雲泥の違い!
イメージだけですけどね。

ところで、またもや心配の種。

FIA会長のマックスモズレー氏が、開幕戦のグリッドに並ぶのは難しいのではないかと言っているらしい。
新型車はもちろん来季の体制すら発表がないし、非常に心配です
posted by がまさん at 13:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

音速の貴公子 中島一貴!?

音速の貴公子はセナでしたっけ?

あくまで合同テストなのですが、バレンシアで中島一貴が4番手タイム

フェラーリ・マクラーレンの4台に割ってはいりました。
ハミルトンを抜いちゃったんだから、今年は凄いことになるかもしれません。

待ちに待ったホンダの新型車も出てきました。
こちらはタイムひどいですが、この日が初日ですから致し方ない。

来週のバルセロナの合同テストを待ちましょう。

いつもながら心配なのがスーパーアグリ。
前回テストでは部品が壊れてストックが無く、空輸したら飛行機が飛んでもないところに降りて間に合わず。
結局10週しかできていない。

さらに問題なのが、バレンシアで行われたヨーロッパGPの説明会に出席していない。
バレンシアの市街地特設コースで行われるだけに、データはまるで無いはず。

チームとして機能していないような感じ。
グリットにつけるのでしょうか?

琢磨大丈夫か!?
posted by がまさん at 13:28| | Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ヘレス合同テスト開始

BMWザウバーも新車を発表したが、ヘレステストにはまだ参加していません。

フェラーリ・マクラーレンの新型車2チームを含む合同テストが始まった。

フェラーリは初日から1−2体制で完成度の高さを見せつけている。

ここでも問題はスーパーアグリ。
ウエットで始まった10周位でマシンが故障。

その後ドライになったというのに、部品が無くて走れなかったというのだ。
テストドライバーのロシターがドライブしたが、これじゃ琢磨もデビッドソンも来ないのかもしれませんね。

ホンダがどこまで面倒を見てくれるのか。
実に気になります。
posted by がまさん at 12:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

あけおめ・ことよろではない琢磨

フェラーリとマクラーレンが早々と2008年のモデルを発表しました。
F1の世界は休み無しですね。

ところで、気になるのはスーパアグリの動向。
いまだドライバーとの契約もできていない。

佐藤琢磨のファンクラブの開幕戦ツアーも、見切り発車で募集しているらしい。

琢磨とデビッドソンのコンビに決まりそうではあるが、確定できないらしい。

お金がないからだと思いますが........。

それでも、2月19日に2008モデルを発表するというスケジュールは聞こえてきました。

出場予定の7チームでは最後になるが、開幕戦の前のテストには間に合うらしい。

それにしても、毎年毎年琢磨には苦労かけます。

すっきり休むこともできないよね。

今シーズンが終わったら、是非ともホンダのシートを射止めて欲しい。

今シーズン後半から成績を上げて、来季はかなり上位もねらえそうなホンダ。
日本人ドライバーが必要ではありませんか。

ホンダ首脳の皆さん、よろしくお願いします。

私、自家用車はトヨタですが、ホンダの除雪機を使っております。
バッテリー付きの自転車もホンダを1台持っています。

琢磨が優勝したら、ホンダの車を購入します。

よろしくお願いします!
posted by がまさん at 16:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

アロンソはルノーに決定

ルノーは有罪だが罰則無しの裁定を受けて、アロンソが古巣へ戻ることが確定しました。

来季ルノーはアロンソとピケJr.と言うコンビに一新。
フィジケラとコバライネンは放出だそうな...........

今更もうろくに空いたシートもない訳で、どうするんでしょうね?

これで今年のF1も大きなニュースもなく終了するでしょう。

ただし、1月から新車の発表が始まりますから、相変わらず目は離せませんね。

スーパーアグリがちゃんと走れるのかどうか、気になったまま年を越しそうです。
posted by がまさん at 18:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

ルノーへの裁定は今日出るのか

ルノーのスパイ疑惑は本日審判が下されるのでしょう。
ルノーにペナルティー額だった場合、F1からの撤退もささやかれています。

そうなれば、アロンソのシートが無くなっちゃうんじゃないのかと心配に.....

まあ、そんなストーブリーグはさておいて、スペインのヘレスで合同テストが行われています。
全チームが参加しています。

ロスブラウンが参加することになったホンダは、初日いきなりバトンが2番手のタイム。
来季への開発の為のテストとはいえ、ホンダが上位のタイムを出すのは久しぶり。

これは凄いと思ったら、2日目はバリチェロがトヨタのテストドライバー小林可夢偉より速いだけのおしりから3番手。
定位置か.........相変わらずスーパーアグリより遅い。(爆)

トラクションコントロールが無くなる来季は、ドライバーの腕の差が見られるようになるので、楽しめそうです。

その前に、ルノーとアロンソの問題が速く解決することを祈っております
posted by がまさん at 14:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

アロンソはホンダへ.......

びっくりするニュースが出てきたものです。
NiftyのFMotorsportsのニュースで、ドイツのスポーツ・ビルド誌が報じているとのこと。

最終合意はされていないともあって、推測記事だろうとは思うが......

ルーベンスがスーパーアグリに追い出されて、琢磨とのコンビだとか。

だけど、単年度契約に固執するアロンソが、ロスブラウンが加入したとはいえ今年の成績を考えると、単年度で上位争いまでは無理でしょう。それでいいのだろうか。

それとも、ルノーのスパイ疑惑で1年浪人するのに嫌気がさしてホンダでもと思ったか。

既にシートあわせもしたという報道が、どこまで正確なのか。

ルノーへの裁定がはっきりする12月6日以降に、一気に明らかになると思うのですが。
気になりますね。
posted by がまさん at 12:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

ルノーがF1撤退?!

巨額の罰金が科されたマクラーレンのスパイ事件。
あの程度ならルノーもやっているとささやかれているそうです。

その件について、12月6日にモナコで開催されるFIA世界モータースポーツ評議会で話し合われるとか。
巨額な罰金が科された場合、ゴーンさんはF1からの撤退を選択するという話です。

かなりやばそうですね。
アロンソの去就がはっきりしないのも、この辺りに原因があるのかもしれません。

ところで、カスタマーシャーシの問題がはっきりしないので、2008年から参入予定だったプロドライブが断念してしまいました。

新規参入を拒んでばかりいて、ルノーが撤退なんて事になったら人気がた落ちかもしれません。
同じ問題で、150人体制だったスーパーアグリも30人の首を切ったとか。
琢磨のシートも心配になってしまいます。

なんだか、了見の狭い奴らばかりがうごめいているF1の世界、盛り上がりませんね。

スポーツなんだから、誰でも参加させてあげてくださいよ。
勝負はサーキットで付ければいいんだから。
posted by がまさん at 18:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ライコネンチャンピオン確定も

ブラジルGPのマクラーレンの抗議が却下されて、フェラーリ ライコネンのチャンピオンが確定しましたが、確定していないのはアロンソの行方。

相思相愛かと思われたルノーだが、まだまだ決まる気配はない。
それどころか、レッドブルとも交渉をしているとか。
交渉は広くするべきだろうが、レッドブルとは驚きです。
配下に若手ドライバーをたくさん抱えるチームですから、日本の巨人軍のようによそからお金で引っ張ってなんてことは少ないチームでしょう。
それでも交渉していると言うことは、ルノ−ともさほどうまく交渉は進んでいないのかもしれません。
バトンの機嫌がよろしいようです。
イギリスF1ファンの関心が、ほとんどハミルトンに行ってしまって、来期も低迷ならホンダを離脱すると公言していましたが、ロスブラウンの加入で明かりが見えたのを歓迎しています。
ニックフライに気兼ねしながらも、期待に胸ふくらませているようです。

琢磨と中島は確定している来期の日本人ドライバー
山本左近はいったいどうなるのでしょう?

ところで、小林可夢偉がトヨタ・チームの第3ドライバーに決定。
マカオでは13位と精彩を欠きましたが、トヨタでF1マシンをドライブすることになったのは嬉しいでしょう。

ところで、着々と若手ドライバーをF1に送り込んでくるトヨタ。
確かに嬉しいのだが、いったいホンダはやる気有るんでしょうか。
大将の佐藤琢磨をスーパーアグリに追いやって、中島悟氏の息子はトヨタの力でウィリアムズの正式シートを手にしている。

もう少し日本人を大切にしないと、日本で新型FITも売れないのじゃないかなあ。
再来年は、ブラジル人に代わって琢磨を乗せてね!
posted by がまさん at 14:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

速すぎるシューマッハ

バルセロナのテストが行われているバルセロナ。
M.シューマッハがフェラーリをドライブしているのだが、速すぎます。
1年丸々乗っていないのに、TOPタイムを出してしまった。

上位チームはテストドライバーばかりなんだが、それにしても.......

アロンソの来期シートが決まっていないが、フェラーリからの離脱だったら、シューマッハの再登場もあったかもしれませんね。

ところで、ホンダにロスブラウンが加入しました。
これはビッグニュースです。

技術的高さと、資金力、そしてフェラーリを導いたロスブラウンの加入となれば、数年後には首位を争うチームになることは確実。
嬉しいじゃないですか。

そして、年齢的にもバリチェロは来年で終わりでしょう。
できれば佐藤琢磨を、ホンダのシートに乗せて欲しい。

ロスブラウンが何と言うかは判らないが、そこはそれ資金を出している強みで。
売れないシビックも、琢磨バージョンとか言って売り出せば、営業的にもOKでしょう。

来シーズン、スーパーアグリが走れるのかどうかも確定的ではないし、再来年に期待します!
posted by がまさん at 13:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

ホンダに今年唯一の栄冠

今年、地球環境を訴えてエコドライブしてスピードの出なかったホンダは、UNEP(国連環境プログラム)からGreen Awards(緑の賞)が授与されることになった。

おめでとうございます。

でもね、エコを訴えるならF1やめちゃえばと思いたくなるほどの成績の悪さ。

F1のエンジンを開発することによる、燃焼効率の改善などは市販車にもフィードバックされているだろうけど、エンジンの開発もできなくなってしまうらしいので、

エコへの言い訳もできなくなってしまいそう。

しかし、開発競争の無くなるF1って、興味がそがれる面も多いように感じますね。

カスタマーシャーシの問題も解決していないし、来年以降がどうなるのか全く判りませんね。
スーパーアグリも存亡の危機ですよね。

ドライバーのラインナップも決まっていないし。
posted by がまさん at 12:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ライコネンおめでとう!!!!

相変わらずスカパー不調で、地上波で見ましたが、凄いレースでしたね。

バーチャルチャンピオンシップが、ころころ変わって、誰がドライバーズチャンピオンになるか最後まで判らない!

手に汗握って見せていただきました。

結局終わってみれば、フェラーリが強かったって記録しか残らないのかもしれないが、私の記憶にはハミルトンもアロンソも残ります。

ハミルトンがギアボックスの不調で順位を下げ、アロンソもタイムが伸びず、首位を走るマッサをライコネンがピットストップの感激を着いてTOPに躍り出ての優勝。

マッサも、ライコネンに譲ったという感じではなかったと思う。
マッサがピットインしてから、ライコネンがピットにはいるまでの3週の走りは凄かったからね。
マッサも自国優勝を逃したが納得でしょう。

ホンダのマシンは共にリタイヤ。
トヨタはトゥルーリが何とか8位。

琢磨は不調のマシンをだましだまし乗って、12位完走。
デビッドソンは14位最下位の完走。

中島一貴は、色んなアクシデントを重ねながらも、10位完走。
ロズベルグが4位だから見劣りするけれど、初レースだから良かったと思う。
レース中5番手のタイムを出したのだから、誇っても良いと思う。

ただし、轢いてしまったピットクルーがたいしたことがなければだけど。

さて、長い冬に入ってしまうF1ですが、カスタムシャーシの件がはっきりしていない。
今更新規に開発する時間もお金もないチームは、レースを走ることもできないことになるかもしれません。
放映権などの分配金がかなり低くなるとしたら、チームを維持していくのが難しそう。

スーパーアグリが、来期もグリットにつけるのかどうか。
非常に心配で、目が離せませんね。

再来年は、すっごく速いホンダのマシンで、バトンと一緒に走って貰いたい。

スカパーが直ったと連絡が入ったので、今宮さんとカワイちゃんの721の再放送を見たいと思います。
posted by がまさん at 17:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。