2008年02月23日

喜びと悲しみ

バルセロナテストで、中嶋一貴がTOPタイムを出した。
雨にたたられたバルセロナテストだったが、最終日は天候に恵まれた。
完全ドライになった午後には、10台のマシンが1秒以内にひしめくバトルとなったが、何とTOPタイムが中嶋一貴だった。

テストとはいえ十分な戦闘力を示してくれたと思う。

こんな嬉しいニュースの陰で、我がスーパーアグリは崖っぷちにたたされているようです。
2008年のホンダモータースポーツ活動計画から、スーパーアグリの名前が消えてしまった。
エンジン供給もはっきりしなくなってしまったと言うことか。
新車発表も消えてしまったまま。

琢磨のシートはまた無くなってしまうのか........
posted by がまさん at 12:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85969911
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。