2006年09月12日

シューマッハ引退

イタリアGPでシューマッハが優勝。

アロンソがこけたので、ドライバーズのポイント差は2点。

一気に面白くなると思ったところに、シューマッハの引退表明。

優勝後の記者会見で発表するなどは王者にふさわしいとはいえ、やはり寂しい。

それほど好きではなかったのも事実だが、彼が圧倒的な強さを誇ったことで、F1がしまっていたと思う。

また、アロンソの昨年の初タイトルも、シューマッハが走っていたことで価値が上がった。

あと3戦しかシューマッハの走りは見られなくなります。目に焼き付けておきたいと思います。

 

ところでスーパーアグリ。

ついにミッドランドに先着して完走。しかし、あくまで最下位争いからは抜け出せない。

琢磨は頑張ったが、熟成の進んだ他チームに混じって新型車を投入だから、なかなかその差を詰めることができない。

3秒差の壁が厚い。

 

さて、アジアの2戦が始まる。

中国で熟成して、日本では最高のパフォーマンスを発揮して欲しい。

頑張れ琢磨! 左近も何とかして頂戴!

posted by がまさん at 15:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。