2007年11月30日

アロンソはホンダへ.......

びっくりするニュースが出てきたものです。
NiftyのFMotorsportsのニュースで、ドイツのスポーツ・ビルド誌が報じているとのこと。

最終合意はされていないともあって、推測記事だろうとは思うが......

ルーベンスがスーパーアグリに追い出されて、琢磨とのコンビだとか。

だけど、単年度契約に固執するアロンソが、ロスブラウンが加入したとはいえ今年の成績を考えると、単年度で上位争いまでは無理でしょう。それでいいのだろうか。

それとも、ルノーのスパイ疑惑で1年浪人するのに嫌気がさしてホンダでもと思ったか。

既にシートあわせもしたという報道が、どこまで正確なのか。

ルノーへの裁定がはっきりする12月6日以降に、一気に明らかになると思うのですが。
気になりますね。
posted by がまさん at 12:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

ルノーがF1撤退?!

巨額の罰金が科されたマクラーレンのスパイ事件。
あの程度ならルノーもやっているとささやかれているそうです。

その件について、12月6日にモナコで開催されるFIA世界モータースポーツ評議会で話し合われるとか。
巨額な罰金が科された場合、ゴーンさんはF1からの撤退を選択するという話です。

かなりやばそうですね。
アロンソの去就がはっきりしないのも、この辺りに原因があるのかもしれません。

ところで、カスタマーシャーシの問題がはっきりしないので、2008年から参入予定だったプロドライブが断念してしまいました。

新規参入を拒んでばかりいて、ルノーが撤退なんて事になったら人気がた落ちかもしれません。
同じ問題で、150人体制だったスーパーアグリも30人の首を切ったとか。
琢磨のシートも心配になってしまいます。

なんだか、了見の狭い奴らばかりがうごめいているF1の世界、盛り上がりませんね。

スポーツなんだから、誰でも参加させてあげてくださいよ。
勝負はサーキットで付ければいいんだから。
posted by がまさん at 18:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ライコネンチャンピオン確定も

ブラジルGPのマクラーレンの抗議が却下されて、フェラーリ ライコネンのチャンピオンが確定しましたが、確定していないのはアロンソの行方。

相思相愛かと思われたルノーだが、まだまだ決まる気配はない。
それどころか、レッドブルとも交渉をしているとか。
交渉は広くするべきだろうが、レッドブルとは驚きです。
配下に若手ドライバーをたくさん抱えるチームですから、日本の巨人軍のようによそからお金で引っ張ってなんてことは少ないチームでしょう。
それでも交渉していると言うことは、ルノ−ともさほどうまく交渉は進んでいないのかもしれません。
バトンの機嫌がよろしいようです。
イギリスF1ファンの関心が、ほとんどハミルトンに行ってしまって、来期も低迷ならホンダを離脱すると公言していましたが、ロスブラウンの加入で明かりが見えたのを歓迎しています。
ニックフライに気兼ねしながらも、期待に胸ふくらませているようです。

琢磨と中島は確定している来期の日本人ドライバー
山本左近はいったいどうなるのでしょう?

ところで、小林可夢偉がトヨタ・チームの第3ドライバーに決定。
マカオでは13位と精彩を欠きましたが、トヨタでF1マシンをドライブすることになったのは嬉しいでしょう。

ところで、着々と若手ドライバーをF1に送り込んでくるトヨタ。
確かに嬉しいのだが、いったいホンダはやる気有るんでしょうか。
大将の佐藤琢磨をスーパーアグリに追いやって、中島悟氏の息子はトヨタの力でウィリアムズの正式シートを手にしている。

もう少し日本人を大切にしないと、日本で新型FITも売れないのじゃないかなあ。
再来年は、ブラジル人に代わって琢磨を乗せてね!
posted by がまさん at 14:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

速すぎるシューマッハ

バルセロナのテストが行われているバルセロナ。
M.シューマッハがフェラーリをドライブしているのだが、速すぎます。
1年丸々乗っていないのに、TOPタイムを出してしまった。

上位チームはテストドライバーばかりなんだが、それにしても.......

アロンソの来期シートが決まっていないが、フェラーリからの離脱だったら、シューマッハの再登場もあったかもしれませんね。

ところで、ホンダにロスブラウンが加入しました。
これはビッグニュースです。

技術的高さと、資金力、そしてフェラーリを導いたロスブラウンの加入となれば、数年後には首位を争うチームになることは確実。
嬉しいじゃないですか。

そして、年齢的にもバリチェロは来年で終わりでしょう。
できれば佐藤琢磨を、ホンダのシートに乗せて欲しい。

ロスブラウンが何と言うかは判らないが、そこはそれ資金を出している強みで。
売れないシビックも、琢磨バージョンとか言って売り出せば、営業的にもOKでしょう。

来シーズン、スーパーアグリが走れるのかどうかも確定的ではないし、再来年に期待します!
posted by がまさん at 13:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。