2007年08月31日

日本勢このまま終わりか

トルコGPの日本勢は悲惨な有様。
中盤以降に沈んだホンダ勢はいつものこととしても、期待させた豊田だったが、12・16位とエンジンを供給しているウイリアムスに遠く及ばない。
如何にエンジン以外の部分が劣っているかを表してしまった。

残りはあと5戦で、日本GPまでは中2戦。
立て直しは効くのだろうか。

少なくともホンダは鈴鹿じゃないコースに、モチベーションは上がらないでしょうね。
ここは、時々速さを見せるトヨタに、死にものぐるいで頑張ってもらいたい。

モンツァの合同テストでも、トロロッソより遅い日本勢は悲しすぎます。

ガンバレ日本!
posted by がまさん at 10:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

フミ、パフォーマンス発揮!!!

エネコ・ツアー2007第5ステージで、フミ(別府史之/ディスカバリー)が大逃げを打って、パフォーマンス前回だった。

途中バーチャルではあるが、個人総合のTOPにたつし、スプリントポイントも軒並みいただいた。

残念ながら、逃げの3人は最後まで抵抗したが、ラスト4キロで捕まった。

しかし、十分フミのパフォーマンスを見せつけることが出来たと思う。
何処までインパクトがあるかは判らないが、来期のチームの決まっていないフミにとって、この秋の一戦一戦が勝負。

どこかのチームの目にとまってくれると良いのだが。

--------------------------------------------------------------------------
アントニオ・クルス(アメリカ) BMC
ジョージ・ヒンカピー(アメリカ)Tモバイル
マシュー・ホワイト(オーストラリア) スリップストリーム。
--------------------------------------------------------------------------
CYCLINGTIME.comの記事によるとまだ3人しか決まっていない。
27名の選手が在籍するディスカバリーチーム、ツール・ド・フランス優勝のコンタドールもまだ不明と、かなり厳しい状態です。

エネコ・ツアーは29日が最終日なので、どうやってもブエルタ出場はかなわない。
チームとの約束で、3大ツールの一つには出走できるはずだったのだが、チームもこういう状態なので、おいそれと約束も守ることが出来なかったのだろう。

何とか、TV中継のあるプロチームに入ってもらいたい。
もちろんフミもそのつもりで頑張っているのだろうと思う。

ただただ思いをはせるしかできませんが、遠い日本から応援したいと思います。
posted by がまさん at 11:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

トヨタ絶好調!!!!

F1第12戦 トルコGPのフリー走行が始まった。
ハミルトン・ライコネンが速いのは判っているが、3・4番手にラルフ・トゥルーリとトヨタ勢が迫っている。
マッサやアロンソより速いというのが泣かせますねえ。

期待して良いのでしょうか?

相変わらずパッとしないホンダ勢は、14バトン・15バリチェロ・16琢磨・18デビッドソンと最近の定位置.......別の意味で泣けてきます。

新型がクラッシュテストで不合格を食らって、何も改良しないマシンで苦しむスパイカーは最後尾に陣取って、山本左近が最下位。
これはまだ仕方がないところですよね。
F1に戻ってまだ2戦目。
マシンにも慣れていないのだから。
でも、スーティルとは 0.022秒差だから、凄く頑張っていると思う。
出来れば前に出たいところ!

まあ、フリー走行だから予選を早く見たいところですね。
posted by がまさん at 11:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

キヤノンが4でニコンが3

ニコンから、D3とD300と言う型番の一眼デジタルカメラが発表された。
D3は、ニコン初の35mmフルサイズで58万円くらい
この35mm版をFXフォーマットとニコンは呼ぶのだそうです。
ライブビューが搭載されました。

D300は、スペックと価格を考えるとD200の後継機ではなく、上位機種という感じ。
画素数は1230万画素で、イメージセンサークリーニングが付いて視野率は100%
51点AFと、毎秒6コマの連射だそうな。
ライブビューも搭載されました。
かなりスペックは上ですね。
価格も23万円と、上位機種の感じがします。

他にもレンズ等が出て、どれも11月の発売らしい。

キャノンは、一足先に発表していました。
EOS-1Ds Mark IIIは、EOS-1Ds Mark IIの後継機種で2110万画素だとか。
メモリー大変そうで、90万円くらい。
11月発売開始予定。

EOS 40Dは、15万円前後という事で、30Dの後継機ですね。
こちらもライブビュー、センサークリーニングを装備。
がそすうも1010万画素に進歩。
ですが、ニコンが格安1眼をD40として出しているので、どうもイメージ的に良くないんじゃないかなあ。安っぽい感じがしてしまいます。
こちらは早くて9月発売開始だそうです。

確かにスペックも素晴らしいし良いのですが、D200から買い換えるほどのインパクトには乏しい感じが。
キャノンはレンズを持っていませんし、D300ほどのスペックを必要とも思わない....。
クリーニング機構は魅力的だけれど。
posted by がまさん at 16:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

バッテンフォール・サイクラシックス2007

フミは見せ場もあって25位だった。
残り6キロ地点でグセフが逃げたので、同じチームのフミはもう終わりだと思ったのだが、エースのデーヴィスを引いていたらしく、彼が落車したのであわててスプリントに加わったが、先頭集団からは5秒遅れた集団だった。

せめて先頭集団に混じっていたらと、残念でならない。
来期のチームが決まっていない中、またしてもチームメートに邪魔された結果だ。

有力スプリンターが次々トラブルで遅れていったので、アレッサンドロ・バッランが最後楽々逃げ切ったように中途半端なゴール前だった。

フミの次走は22日から29日まで行なわれるエネコ・ツアー(UCIプロツアー)です。
これに出ると言うことは、念願で約束もあったらしい3大出場はダメと言うことですね。
スペイン一周の勇姿を見たかったのだが、そんなことは言っていられない。

エネコ・ツアーでは、チームのことは二の次で自分のために走ってもらいたい。
ロードがチームプレイだと言うことは十分判っているつもりだが、来期のことを考えると最大限の成績が欲しいところ。
ポイントが取れるチャンスが有れば、とにかくどん欲に狙ったレースを!
posted by がまさん at 14:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

チームディスカバリー解散

このブログを始めた時に、F1の佐藤琢磨のシートが危なくってこんなタイトルにしたんだけど、今度は別府史之のサドルが危険な状態になっている。

フミのブログに意味深な書き込みがあったので、かなり気になっていたのだが......

ディスカバリーじゃないスポンサーの獲得に失敗したらしく、チームごと無くなってしまうというのは最悪の状況。

27名の選手が行き場を探さなくてはならない。
ベテランや有力選手のドーピングなどによる引退が相次いでいるが、フミレベルの選手は掃いて捨てるほどいることでしょう。

そして、同じ力量ならヨーロッパの選手を選ぶでしょう。

レバタラは無しだが、あのレースが1位だったら.......

今行われているレースでは、山岳ポイントを取ったりかなり頑張っているようだ。
総合でも、そこそこ頑張っている。

レースはリザルトしか分からないのだが、自分のために頑張っていると思う。
ロードレースはチームプレーだが、彼はそれに徹しすぎていたと思う。

エースがパンクしていた時に、彼は自分のタイヤを渡していて、にほんのファンも絶賛していたようだが、チームから指令でもなければ、見なかったふりをして通り過ぎるべきだっただろう。
彼も、ブログに本当にそれでよかったのかどうか判らないと書いていた。

ツール・ド・フランスあたりで総合を争っているリーダーのためだったら違うだろうが、もっと自分のためだけに走るべきだと思う。

良い人だけでは、本場のサイクルロードレースでは這い上がっていけない。

今回のディスカバリーの件で、彼はそれを感じて走っているような気がしている。

一回り大きくなったフミに、新しいチームが決まることを祈りたい。
posted by がまさん at 12:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

来期の 来期のフミ(別府史之)は何処へ?

ツール・ド・フランスはコンタドール(ディスカバリー スペイン)の優勝で幕を閉じたが、ドーピングで釈然としない大会になってしまった。
有力選手がドーピングがらみで次々消えていきます。
そのまま引退という人も多くて、ずいぶん小粒になってしまい、スターの誕生が望まれるところです。
コンタドールに任せたいのだが、彼もドーピング疑惑で名前が出ていたことも。

ところで、フミ(別府史之選手 ディスカバリー)のブログを見に行ったら、なんだか元気のない書き込みが。
ディスカバリーのスポンサーが無くなってしまう来年、チームはどうなるのだろう。
チームとの契約も今年で終わるのだが、そろそろ来期が気になるところ。

その前に、当初予定ではブエルタ・エスパーニャに出場させて貰える予定だったと思うのだが、どうなっているのだろう?

フランスでトレーニングと書いてあったので、その準備だとよいのだけれど。
予定には、19日ドイツ 22〜29Eneco Tour(ベネルクス)なんてなっているので、これらに出たら21ステージのレースはないかもしれませんね。

今年はステージ2位というのはあったけれど、1位とは違って何処まで評価して貰えるのか。
来期の心配がつきまといます。
個人的には27人も選手のいる有力チームよりは、もう少しこじんまりとしたチームの方が活躍の場が広がると思うのだが、経済的には不安がつきまとうよね。

早めの発表があると嬉しいのですが。
posted by がまさん at 14:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

マクラーレンの内紛

映像を見ていた限りでは、アロンソがハミルトンのピットを邪魔して、結局ハミルトンの最後のアタックが出来なくなったことに対してロン・デニスがヘッドフォンをたたきつけて怒ったというモノ。

しかし、だんだん状況が見えてくると状況は違っているようだ。
Q3序盤で、チームからハミルトンにアロンソを先に行かせるようにとの指示が入ったがハミルトンはその指示に従わなかった。
そこで、アロンソのあの行為となったのだが、最後のアタックが間に合わなかったことに対して、ハミルトンがかなり無線で言ったらしい。

それに、ロン・デニスがヘッドフォンをたたきつけたらしい。

そして、アロンソのハミルトンへの行為をFIAのレーススチュワードに抗議したのが、何とハミルトンの父親だったとのこと。
ステージママならぬ、レースパパはすることが凄すぎる。

もちろん抗議する資格はないのだが、問題視され、アロンソは5番降格、チームはコンストラクターズポイント無しとなってしまった。

かなりの泥沼にはまっていますね。
チームはアロンソ擁護派が多いようだが、アロンソはこんなチームは今年限りだと思っているらしいし、ハミルトン派は少ないのに残留の気配。

アロンソの代わりに来るドライバーは、かなり心臓の強いモノじゃなきゃつとまりそうもありません。
さて、全くお粗末なホンダ陣営ですが、スーパーアグリが資金難との噂。
これいつもささやかれているのだが、今は移動するのでやっととか。
そう言えば、全然速くなっていないよね。
本家よりは速いけど........(爆)

日本も景気よくなってきたらしいけど、どこかスポンサーにならないでしょうか。
アジアのレースもどんどん増えてきているので、広告としてはよいと思うのですがね。
posted by がまさん at 14:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。